自動売買で儲かる。サラリーマンにおススメ、完全フリーのシステムトレード。EA編

自動売買で儲かるには?

事前準備編はこちら

○MT4とEA

やっとここまで来ましたね。

ここまで来たら、後は、EAを設定していくだけです




・EAとは?

MT4上で自動売買を行うプログラムの事を「エキスパートアドバイザー(EA)」と言います

つまり、これが、「選手」になります。

この、選手の特徴を掴み、MT4で稼働させる事で、自動売買が行われます。

MT4では、初めから、2種類のEAが内蔵されています。

①MACD Sample

MACDのラインとヒトストグラム、26期間移動平均線を利用した売買システム

②Moving Average

移動平均線とローソク足のゴールデンクロス、デッドクロスを利用したシステム

先ずは、これらを使用して、慣れる事が良いでしょう。

○バックテスト

バックテストとは、EAを稼働させ、どのようなポイントで売買され、どれくらいの利益が出るのかを検証する事を言います。

いきなり、EAを稼働させるのは、怖いですよね。バックテストを行って、どういう結果が出そうなのかを検証します。

バックテストで抑えるべきポイント

  1. プロフィットファクター:純利益÷純損失。「1」より大きければ利益
  2. 最大ドローダウン:資産曲線での最大値から落ち込んだ下落率
  3. 総トレード数:総トレード数が多ければ多いほど信頼性が上がる

一般的には、プロフィットファクターが、2~3%で最大ドローダウンが、10%以内で総トレード数が多い自動売買システムが理想とされています

○EAを探す

バックテストのやり方を理解したら、いよいよ、EAを探しに行きます。

選手の発掘が大事です!!

EAは無料のものから数十万のものまであります。

主なMT4 EA関連サイトです

Forex Factory   http://forexractory.com/

Forex-TSD          http://forex-tsd.com

phpBB                 http://metatrader.easywin-fx.net

初めは、評価や投稿数、閲覧数などを参考に、人気のあるEAを見つけるのが良いでしょう。

・EAをダウンロードします

ダウンロードしたファイルを「C:\Program Files\MetaTrader 4\experts」に入れます

これで、自動売買が出来るようになります

バックテスト→デモトレードで運用を確認していきましょう!

○EAを稼働させ続ける為の注意!!

EAを稼働させ続ける為には、パソコンの電源を付けたままにしておかなければなりません。

これが、意外とネックです。

突然の停電やネットワークに不具合が起きるなどした際は、注文(新規や決済など)行われません

そこで、リモートデスクトップサービスを利用します

リモートデスクトップサービスとは、サービス業者のサーバー上に自分のデスクトップを作ってもらい、自分専用のデスクトップ環境をリモート操作できるサービス

つまり、サービス業者のパソコンでMT4を稼働するので、自分のパソコンの電源を切っても問題ない事になります。

私は、ここを利用していますので、参考にして頂ければと思います



○MT4のリアルトレードの前のチェックポイント

リアルトレードに入る前に確認しましょう!




1.ロジック

  • 最大ドローダウンの確認
  • ロスカットのレベルやルール
  • マーチンゲール法やナンピン法などのハイリスク運用

2.バックテスト

  • 5~10年、2000回以上の取引で検証されているか
  • カーブフィッテングが行われていないか(ある一定期間のみ適切になる)
  • フォワードテストが行われてるか

3.EA開始時の資金

  • テスト運用:10万円前後 1000通貨
  • おためし運用:20~30万円前後 1万通貨
  • 資産運用:50~200万円前後 2~5万通貨

4.EAの見直しのタイミング

  • 利益が出づらくなってきた
  • バックテストの結果と異なる
  • 損失関連の評価項目(最大ドローダウンなど)が更新された

以上をもとに、EAを稼働させていきましょう!

サラリーマンは時間が取れません。

休日などまとまった時間が取れるときに、自動売買システムなどを有効に活用する事で資産運用が出来るようになります。




儲かる為には、細かな確認・バックテストやデモトレードを活用し、検証する事が大事になります。

あなたは、超有名高校の名監督です!

あなたが選抜した選手が、生き生きと活躍する環境を判断し、選手に合ったタイミングで投入しましょう。

バックテストは、練習。デモトレードは、練習試合。本番の試合に勝つためには、避けて通れません。

そこで、調子のよい選手を試合に使う事で、勝つ確率は飛躍的に上がります。

EAも同じですね!

あなたの心遣いに感謝します


人気ブログランキングへ