ロスカット

○ロスカットは重要!

難しい課題であるロスカット。これが、出来れば、勝てるようになるのだが、世の中には様々な方法があり、どれをやれば良いのか迷う所です。また、心理的な問題もあり、決めたはずのロスカットの方法も破ってしまいます。これが、勝てない理由でもあります。

勝ち続けているトレーダーは、ロスカットを必ずやっていると言います。

ロスカットをすることで、①資金効率を上げる②損失を限定する事が出来るメリットがあるからです

①資金効率を上げる→今の銘柄に見切りを付け、他の上がりそうな銘柄に変える事で利益がでる可能性が高い

②損失を限定する→大きな損失を出すと数回分の利益を一気に吹き飛ばす。立ち直れない。退場となる

ロスカットは、精神的に苦痛です。思い切ってロスカットしたら、株価の上昇もあり得ます。ただ、損失の拡大の可能性もあります。利益を追求することも大事ですが、それ以上に、損失を減らす事が大事になります。

 

○ロスカットのタイミング

では、どのタイミングでロスカットするのかですが、株価の変動やテクニカル、損失額でロスカットラインを決めています。

・株価の変動

1、前日の終値を下回る

2、直近の安値(押し目)を下回る

3、グランビルの売りのタイミングに合致

・テクニカル

1、MACDがデットクロスした

2、移動平均線を下抜けした

・損失額

1、1回の利益額になったらロスカット

2、資金の3%の損失額になったらロスカット

 

○エントリー時にロスカットラインを設定

上記のようにロスカットの方法は、様々ありますが、自分のトレードスタイルに合ったもの、また、精神的苦痛がないものを選択し、確実にロスカットを行う事が、重要です。そのためにも、エントリー時には、ロスカットを同時に設定しましょう。

そして、そのラインに来たら、躊躇なくロスカットを行う事が重要です。

・エントリー

株価が、25日線を上抜けした1000円になったら100株でエントリー。

ロスカットは、25日線を上抜けしたローソク足の下値を抜けた980円でロスカット。

-20円×100株=-2000円 ロスカットにかかっても、-2000円。

利益確定は、前回高値付近の1100円を目指す。

+100円×100株=10000円 上手くいけば10000円の利益。

エントリーする際は、ここまでは設定してエントリーを行いましょう。あらかじめ、ロスカット金額が分かっているので、精神的苦痛は軽減されます。精神的苦痛がある方は、ロスカットが耐えれるように、資金管理をしっかり行いましょう

 

○資金管理

あらかじめ、苦痛のない金額にロスカット設定する

-2000円なら何も思わないが、-20000円なら苦痛に感じる。

-2000円になる様にロスカットを設定し、エントリーしましょう。

1、購入株数で調整する

・200円の株価×100株→180円に下落→-20円×100株=-2000円の損失

・200円の株価×1000株→180円に下落→-20円×1000株=-20000円の損失

許容範囲の株数でエントリーしましょう

2、エントリーする価格を調整

ロスカット金額を2000円に設定

・220円の株価×100株→180円に下落→-40円×100株=-4000円の損失

・200円に下落するまで待つ→200円×100株→180円に下落→-20円×100株=-2000円の損失

3、ロスカット金額から購入株数を決める

ロスカット金額を2000円に設定

・200円の株価、ロスカットライン150円 -50円 2000円/50円=40株

200円の株を40株購入→150円に下落→-50円×40株=-2000円の損失

実際は、40株購入などあまりありませんが、ロスカット金額・ラインを設定し、逆算してから、購入枚数を決めていく方法です。

 

○ロスカットは、精神的に苦痛ですが、しっかり行う事で、利益を残せます。とはいえ、中々、上手くいかないのが現実ですが、自分のトレードルールを確立し、勝てるトレーダーを目指していきましょう。

トレーダーとしての分かれ道ですね。私もがんばります!!