ファンダメンタルズ分析とは?どんな指標?

よく、ファンダメンタルズ分析と言われますが、どんな指標でしょうか?

ファンダメンタルズ分析で良く用いられる指標を上げてみましたので、参考に。



○売上高:本業による1年間の収入。増収や減収は、売上高の事をさす

売上は大事ですね❗

とくに、売上の伸び率は、注目されます❗

前年比など。

安定して伸び続けていると将来性も期待できますね❗

○売上総利益:売上高-売上原価。企業が1年間に上げた粗利益。

粗利益は、業態によって変わりますので、どう業種の企業と比較した方が、分かりやすいでしょう‼️

○営業利益:売上総利益-販売管理費。企業が本業(営業活動)で出した利益。

営業利益が、伸びている企業も将来性が楽しみですね❗

また、優良企業の目安として、やはり、10%はほしいですね。

本業の利益なので、かなり、重視する指標の一つです‼️

○経常利益:営業利益±営業外損益。営業利益に、本業以外の損益を足したもの。経常利益に重きを置く人も多い

会社としてどうなのかという数字ですね❗

営業外にも儲かるツールは多い方が良いですが、あくまでも、本業を重視します

○当期純利益:経常利益±特別損益-税金。会社に最終的に残る利益

○EPS(純利益/発行済み株式数):1株利益。1株当たりいくら利益が出ているか。

これで、現在の株価が、高いのか、安いのかを判断します。

PER=株価÷EPSなので、現在のPERをみだり、将来のPERをみて、株価の高い、安いの判断に使用します

また、1株益の伸びも注目します❗

純利益がしっかり伸びているのかの指標にもなります

○PER(現在の株価/EPS):株価収益率。株価がEPSの何倍になっているのかを示す。PER15~20倍が基準ですが、その業界の平均的な数字を知っておくのも重要です❗

業界次第で、傾向は別れます。

また、PERだけでは、高い、安いを判断するのは、早すぎます。

将来性を変われているのか?

現在は、買われ過ぎの状態なのか⁉️

判断する必要があります。

○BPS(純資産/発行済株式数):1株当たりの純資産

○PBR(株価/BPS):株価純資産倍率。PBR1倍で会社の解散価値と同等とみなされる。PBR1倍以下は、割安銘柄として長期投資対象となる



○株主資本(総資産-負債):自己資本、純資産。将来返す必要のない資産

○利益余剰金:企業内に余っているお金

これをどう使うか⁉️と言うのも、企業の特色の一つになります。

○有利子負債:利息を支払う必要のある負債。借金

有利子負債額大きいと金利が上がった際、一気に業績が悪化しますので、要注意です❗

○債務超過:負債が資産より大きい状態

こう言った企業は、避けた方が良いですね❗



 

マットレスを替えた会社員の40%が仕事のパフォーマンスが向上?

○人気の記事

 

○FXとは?教科書6000円分の価値を詰め込みました。はじめる前に読むブログ

〇初心者の為の情報商材。「秒速スキャル」

 

 

〇FX初心者の為の情報教材。あのトレンドハンターを検証。今でも稼げる?

 

 

FX初心者の為の情報教材。恋スキャFXを検証。インフォトップで殿堂入り教材。儲かるのか?

 

○がっちりマンデーで取り上げられた企業。株価はがっちり?エステー(4951)編

 

○バフェットに学ぶ。株式投資。銘柄選定の実践編。

 

カンブリア宮殿で取り上げられた企業。その後の株価を追ってみました。JR九州編。

 

○株に興味がある方へ。10倍株(テンバガー)発掘の精度を上げる8つのポイント

 

 

 

 

 

◯こんな記事見つけました

 

 

 

今後の株価

 

 

 

 

株式予想ソフト 鉄板!常勝NAVI

 

 

 

「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」


こちらも、ポチをお願いします

 

 

 

人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 株ブログへ

 

にほんブログ村

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロトピ:「ブログ更新しました♪」

ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ更新しました

 

関連記事

    None Found

“ファンダメンタルズ分析とは?どんな指標?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です