ガイアの夜明け特集企業のその後と株価。ペッパーフードサービス

TV東京のガイアの夜明け。江口洋介がMCを務める番組で、様々な企業を取り上げます

いろんな企業を特集してくれるので、参考になります

そもそも、ガイアとは?

「ガイア」とは
ギリシャ神話に登場する「大地の女神」を意味し、後にノーベル賞作家のウィリアム・ゴールディングが「地球」を指して“ガイア”と呼んだことから「ガイア=地球」という解釈が定着している。「ガイアの夜明け」という番組タイトルには、地球規模で経済事象を捉えることで21世紀の新たな日本像を模索すること、そして低迷する経済状況からの再生=「夜明け」を目指す現在の日本を描くという意味合いが込められている。(番組HPより)

これとカンブリア宮殿は、かなりの確率で見ています。

カンブリア宮殿はこちら。

○カンブリア宮殿で取り上げられた企業のその後。株価を追ってみました。

○カンブリア宮殿に取り上げられた企業のその後の株価を追ってみた

○カンブリア宮殿売買方法を更に詳しく考える。

○カンブリア宮殿で紹介された企業のその後の株価。新しい企業の動向を追ってみた。




 

○ペッパーフードサービス(3053)

 

今回、気になったのは、3月20日に放送された、いきなりステーキを運営するペッパーフードサービス(3053)。

圧倒的な差別化戦略をとっていますね。

立ち食いスタイル、肉の量り売り。

オープンから4年たった今でも1店舗当たりの売り上げは、月に1800万円。

”会社を一代で築き上げた一瀬邦夫社長は「画一的なチェーン店が売れないのは、“そこそこの値段”のものを“そこそこの味”で出すから。いきなりステーキは“圧倒的にうまい肉”を“安く提供”する唯一無二の業態だ」と力を込める。”

 

今年から直営中心だった店舗運営をFC化へ変更。FC化した事で今年は、200店舗の出店を予定している。

その中でも、大手の外食産業の「幸楽苑」もFCとして「いきなりステーキ」を展開する。ラーメンは、地域差が大きいが、肉には、地域差は無いのが、決断の理由。

 

今後、急成長を見込めるのではないでしょうか。

 




○企業分析

そんな、ペッパーフードサービスの現在の状況を見てみます

現在の株価 4830円 PER73.4倍 PBR 23.24倍 ROE38.1% ROA18.6%

EPS 66.13円

営業利益率6.34%

自己資本比率 26.68%

有利子負債自己資本比率 59.03%

 

これらの指標をみる限りでは、現在は、割高ですね。

 

では、今後の予想売上では、どうなるでしょうか?

まず、売上。

毎年、150%ぐらいの伸びを示しています。2018年、19年は170%の伸びが予想されています。

営業利益も同じような伸びを示しています

それに伴い、1株益も高い伸びを示していますね。

これを現在の株価に当てはめてみると

 

株価 4830円 1株益 121.7円 = PER 39.68倍

1株益 199.8円 = PER 24.17倍

2年後の2019年12月の1株益でもPERは、24.17倍となり、日経平均のPER(12.68)より割高となっています

 

1株益121.7円 × PER12.68倍 = 株価1543円

1株益199.8円 × PER12.68倍 = 株価2533円

株価1543円を割ってきたら、割安という事ですね。2年後を見越しても2533円ぐらいでしょうか。

但し、この成長が今後も続くならば、2021年には、こうなっています。

1株益351円 × PER 12.68倍 = 株価4450円

1株益618円 × PER 12.68倍 = 株価7847円

 

現在の勢いのまま伸び続けるのであれば、現在の株価は、3年後には割安になっています。

4年後は、現在の株価の1.62倍でありながら、PERは12.68倍と割安の状態です。

つまり、現在は、割高ですが、3年後、4年後を見据えると割安の水準となります。

 

いきなりステーキが伸び続ける事が出来るのかが、判断のポイントですね。




 

○チャート

 

チャートを見ると、一気に8000円まで株価が暴騰し、その後、調整を兼ねて、4000円台まで下落。現在、調整中という感じでしょうか。

(四季報オンラインより)

4500円~5000円付近での出来高増も見られます。25日移動平均線が、下降から横ばいに、75日移動平均線が、緩やかな下落に、また、3つの移動平均線が、だんだん収束してきており、そろそろ、調整が終わる様な様子も伺えます。

4679円から5370円のレンジとなっており、5370円を超えてくると一気に上昇する可能性はあります

長期投資で考えるのであれば、現在の株価の4865円は、レンジの下限辺りになり、ここで、購入し、3~4年間の保有でも良いのではないかと思いますね。

 

その間、配当金1株当たり10~20円、株主優待(300株以上)を受け取りながら株価が上がるのを待つのも1つの手かと思います

 

こう考えると、いきなりペッパーサービスは、私個人的には「あり」だとおもいます。

皆さんは、どうでしょうか?


◯人気記事
1.カンブリア宮殿売買方法を更に詳しく考える。

2.株に興味がある方へ。10倍株(テンバガー)発掘の精度を上げる8つのポイント

3.奇跡の財布 幸運を手に入れる!!ついに購入してしまいました

◯こんな記事見つけました

今後の株価


こちらも、ポチをお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロトピ:「ブログ更新しました♪」

ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ更新しました

関連記事

    None Found

“ガイアの夜明け特集企業のその後と株価。ペッパーフードサービス” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です