MACDを活用した売買の検証。意外な結果に。勝率は上がるのか?

 

勝ちトレードやPIPSは、いっぱい欲しいですよね?

 

簡単に出来るのはないか?

 

サラリーマンでも出来るのはないか?

MACDを活用した、売買方法を検証してみました。

 

 

 

 

MACDを確認される方は、こちらで確認してみてください。

 

  1. MACDのみでひたすらドテン売買を繰り返す

 

ドル/円 1時間足

 

MACD

 

こんな感じで、GCしたら買い(売り決済)、DCしたら売り(買い決済)をひたすら繰り返しました。

 

○8月のデータ

 

取引回数 27回(売り13回、買い14回)

 

勝ち20回 負け7回 勝率74%

 

トータル759PIPS獲得

 

何も考えずに、ひたすら繰り返すだけで、月間759PIPSとは。。。。。。

 

○9月データ

 

取引回数35回(売り18回、買い17回)

 

勝ち16回 負け19回 勝率45.7%

 

トータル113PIPS獲得

 

まぁ、こんなものかなと思いますが、勝っています!!

 

○8月の4時間足データ

 

サラリーマンなので、相場に張り付くわけにはいきません。なので、4時間足も見てみました。

 

結果

 

取引回数 13回(売り6回、買い7回)

 

勝ち7回 負け6回 勝率53.8%

 

トータル 97PIPS獲得

 

以外に獲れなかったですね。

 

特徴としては、大きく勝ち、大きく負ける感じでした。100PIPS未満のトレードとなりました。

 

 

○30分足データ

 

ならば、30分足なら、もっと稼げるのでは?

 

結果

 

取引回数 63回(売り31回 買い32回)

 

勝ち27回 負け36回 勝率42.8%

 

トータル192PIPS獲得

 

忙しく売買した割には伸びないですね。

 

大体50PIPSぐらいのトレードでしょうか。

 

 

2.勝率を上げよう!

 

MACDの特徴として、「0」以上は買い、「0」以下は売りがあります。

 

「0」以上は買いのエントリーのみ、「0」以下は、売りのエントリーのみで検証

 

0MACD

上記、8月データで検証

 

結果

 

取引回数11回(売り5回、買い6回)

 

勝ち3回 負け8回 勝率27.2%

 

トータル -455PIPS

 

かなり、意外な結果でした。

 

「0」を超えた時点で、アップトレンドと判断し、買いで入っても負ける。

 

「0」を超えた時点で入るには、遅いという結果のようですね。

 

 

○4時間足

 

同じ条件で4時間足でも検証してみたところ、

 

  • 6月 取引回数 7回 (勝ち4回 負け3回) 勝率57.1% トータル113PIPS獲得
  • 7月 取引回数 8回 (勝ち2回 負け6回) 勝率25% トータル-31PIPS
  • 8月 取引回数 5回 (勝ち3回 負け2回) 勝率60% トータル180PIPS獲得
  • 9月 取引回数 5回 (勝ち5回 負けなし) 勝率100% トータル210PIPS獲得

 

 

取引回数自体が少ないので、なんとも言えませんが、4か月合計では

 

取引回数 25回 勝ち14回 負け11回 勝率56% トータル472PIPS獲得

 

プラスの結果となりました。

 

 

○結論

 

まだまだ、改善の余地は多いですが、うまくやると、もっと稼げそうな感じです。

 

例えば、MACDでの決済(GC・DC)のタイミングが若干遅いように思います。

 

ここに裁量をいれて、サポートラインやレジスタンスラインを割ったら決済するなどと替えるだけでも、勝率・獲得PIPSは、大幅に改善されそうです

 

また、エントリー後、逆方向に進んだ場合も、ロスカット基準を早める事でも、負けトレードを減らせます。

 

「エントリーした足の安値(高値)を切ったらロスカット」

 

こういった、改善を重ねる事で、獲得PIPSを増やしていきたいですね!!

目次に戻る

 

もうすぐハロウィンですね。ポチを下さい

人気ブログランキングへ

関連記事

    None Found

カテゴリーFX

“MACDを活用した売買の検証。意外な結果に。勝率は上がるのか?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です