FXの実践 資金管理 損失をコントロールする

前回までは、FXの取引を行う上で基本的な内容を掲載しました。

あくまでも、基本だけです。やれば、やるほど、奥が深くなりますので、先ずは、基本的な内容を理解しましょう。

まだ、読まれていない方は、是非、読んでみてください。

初心者必見!知識ゼロからのFX

ローリスクで10万円稼ぐ方法

FXの取引手法 テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析



 

 




◎FXの実践 資金管理

 

今回は、FXの実践についてです。

口座開設を行い、いよいよ、実践しますが、最初というのは、緊張します。

 

基本は、いくらでエントリーし、いくらになったら決済するかを決めてエントリーする。

これ、重要です。



 

  1. エントリーするに当たり、ロットの考え方をマスターしましょう!

先ずは、ロットを理解しましょう。

ロット=取引業者の間で定められた取引通貨量の事

1.0ロット=10万通貨」が一般的ですが、確認しましょう

 

1.0ロット10万通貨(ドル円)で取引をすると

1PIPS=1,000円

10PIPS=10,000円

100PIPS=100,000円

 

エントリーする際、ロット数の調整は自分で出来る為、先ずは、小さいロットで行った方が良いです。

 

いきなり、1.0ロットでやると、ドキドキが半端ないです!

*PIPSとは、取引の最小取引通貨 1銭=1PIPS 0.0001ドル=1PIPS

こちらもよく使いますので、覚えておきましょう。

 2.ロスカットのポイントまで何PIPSあるのかを出し、損失額を決定します。

エントリーする際、何ロットでエントリーすればよいのか?

迷いますよね?

エントリーする際、ロスカットポイントから、損失額を確定させておけば、何の心配もありません。




 

手順を説明します。

  1. ロスカットするポイントを決定する
  2. エントリーするポイントからロスカットするポイントまでのPIPSを算出する
  3. 損失額(資金の3%)をロスカットまでのPIPS数で割る
  4. エントリーするロットが、算出される

 

例えば、画像を見てください。ドル円をショート(売り)で入ろうとした場合

Screenshot_20170913-105109.png

現在、青マークの110.109ですが、①ロスカットポイントを黄色のラインの110.787

②その差額0.678=68PIPS  ③68PIPSで30,000円の損失なので

④30,000円÷68PIPS(×1000)=0.44
1pips=1000円

 

0.44ロットでエントリーを行う

 

損失許容額を3万円と設定(資金を100万円とし損失額を3%)

 

「これが、損失をコントロールする」という事です。

 

これさえ、マスターすれば、損失額をコントロール出来るので、何も怖い事はありません。

 

安心して、相場から離れられます!!

 

重要なのは、「防御」です。攻撃も大事ですが、防御が出来なければ、全滅(破産)してしまいます。

 

継続して稼ぎ続けていきたいのであれば、鉄壁の防御を身につけましょう!

 

 

あなたの優しさに感謝です。ポチをお願いします



関連記事

    None Found

カテゴリーFX