初心者必見。知識ゼロのFX やり方。FXの基本の流れから を勉強します

始めてFXをやる方、あまり慣れていない方、始めたいけど何からやっていいか分からない方の為に、簡単な流れを説明していきます。

私も始めたころ、色々迷いました。そういった事を含め、説明していきます

40代の中年男性でも出来ましたので、皆さんも必ず出来ます!意外と簡単ですので、是非、チャレンジしてみてください!




Ⅰ.事前準備

1.資金を用意する

まずは、資金を用意します。これがないと始りませんね。

では、いくらあれば良いのか?

取引スタイル等でも変わってきますが、大きな資金を必要としないのがFXの魅力!

後述しますが、3~4万円からでもスタートできます。

勿論、大きく稼ごうと思うなら、もっと必要ですが、まずは、低資金で慣れるのが良いですね。

2.FX業者を選ぶ

FX取引をするなら、FX業者に口座を開かなければなりません。これが、中々難しいと思います。

どこの業者がよいのか?何が違うのか?どんな手続きが必要なのか?海外の業者もある。。。。

私もこれで迷いました。

迷った結果、「楽天証券」に決定しました!

何も難しい事はない。

「楽天=有名=安心」

これだけです!色んなサービスも充実しており、今のところ不自由はしていません。

また、楽天銀行も同時に開設しましたので、意外と便利に使っています!!

スプレッド、スワップポイント、取引アプリ(これ使い勝手いいです!!)、など比較すればするほど、

迷いますので、迷ったら、楽天証券で良いと思います。

口座の申し込み手続きは、5~10分程度で終わりますが、その後、審査から開設まで数日かかる場合があ

りますので余裕をもって申請しましょう。

1つにこだわらず、使い勝手が悪ければ、他の業者に乗り換えても全然問題ないです!

自分に合った所を探すのがベストです。
口座開設については、こちらにまとめています❗

ローリスクで10万円に稼げる方法

軍資金は、必要です‼️

3.取引スタート

口座が開設の案内が届き、口座に運用資金を入金して、いよいよスタートです。

入金の方法は、各業者から案内がありますが、ネットバンキング手続きを行っていないと利用するのに

不便です。振り込みで対応出来る業者もありますが、ネットバンキングだとリアルタイムに入金できます。

ネットバンキングの口座を開設しておく事もおススメです。




Ⅱ.FX取引

1.取引注文の基本

FXの口座に入金が確認できましたら、いよいよ、取引開始です!

ここで、取引の基本を覚えましょう

①成り行き注文

「買いたい」「売りたい」と思ったときに、即時に取引が成立する注文方法。

1ドル100円(買い)→1ドル101円(売り)

②指値注文

相場を予測して事前に売買の値段を指定する注文方法

1ドル100円(買い)→1ドル101円になったら売り

予約注文になる為、相場に張り付いてみる必要はない

③逆指値注文

指定の価格以上なら買い若しくは、指定の価格以下なら売りという注文方法

1ドル100円(買い)→1ドル99円になったら売り

損失を拡大させない為のロスカットに使用される

④IFD注文

新規注文と(買い/売り)その注文に対して決済注文を同時に行う注文方法

新規注文が成立後、自働的に決済注文が有効になる

1ドル100円(買い)→1ドル101円(売り)がセット

⑤OCO注文

種類の違う2つの指値注文を同時に出して、片方が成立すると、もう1つの注文が取り消される

現在1ドル100円を持っている→1ドル101円or1ドル99円で決済。

⑥IFO注文

3つの注文を同時に行える注文方法

1ドル100円で買い注文を予約→約定後→1ドル101円or99円で決済注文をセット

新規の注文と決済(利益確定・損切り)の注文を同時に行う

2.通貨を買う

①通貨の表示と意味

USA/JPY(ドル円) :買い→USAを買う→チャートが上昇すると利益

売り→USAを売る→チャートが下降すると利益

買い・売りは、左側に表示している通貨に対しての意味。

上がると思えば、買い。下がると思えば、売り。と覚えておくと良いでしょう!

②通貨を選ぶ

取引通貨を選びます。取引通貨は、FX業者により種類は異なりますので、予め確認が必要ですが、

メジャーな通貨ペアは、どこの業者を選んでも取り扱っていますので安心です。

通貨ペアを選ぶ際、スプレッドとスワップポイントに注意しましょう!

  • スプレッド(取引手数料):売値と買値の差額の事。注文をする際、Bid 101.087 Ask 101.099など出ていると思いますが、この差 1.2がスプレッドとして取られます。FX業者によってこの差に違いがあります。スプレッドが狭いほど、取引には有利になります。

    下のドル円なら0.03ということです

  • スワップポイント(通貨間の金利差):取引する通貨の金利に差があり、その金利差を受け取り(支払い)が、発生する。2国間の金利差が大きくなると、スワップポイントも大きくなる。長期取り引きで、スワップポイントを目的にした取引スタイルもある

③レバレッジ(てこの原理)

ここからが、ややこしい話になってきますが、重要なので、しっかりと理解しましょう。

レバレッジを使う事で、手持ち資金の最大25倍までの取引が出来るようになります。

例えば、1万ドルを買うのに必要な資金は、約100万円(1ドル=100円として)必要ですが、

FXだと4万円(25倍×4万円=100万円)の証拠金(業者により若干異なる)で買えます。

レバレッジの効果で4万円で、100万円の取引が出来るのがFXです。

④損益計算

では、損益を考えていきましょう。

1ドル100円の時に、ドルを1万通貨購入(4万円×25倍) 1万ドル=100万円

これが、101円に値上がりした場合

1万ドル=101万円になり、1万円の利益となります

つまり、1万通貨を1ポジション保有し、1円の値上がりで、1万円の利益になります。

ドルだけではなく、ユーロ/円でも同じ事が言えます。

50銭→5000円、10銭→1000円の利益になります。

通貨の量を上げても同じ事が言えます

10万通貨に上げた場合、10倍にすれば良いので、1円の動きで10万円の利益となります。

1000通貨の場合は、1/10にすれば良いので、1円の動きで1000円の利益ですね。

損失については、逆で考えてください

1万通貨の場合、1円の損失で、1万円の損失という事になります

⑤証拠金・強制ロスカット

FXをやっている際、含み益や利益が出ている時は、問題ないですが、相場が自分の思惑と逆にいき、損失を出す事もあります。

その際に、気を付けなければ、強制ロスカットです。

強制ロスカットとは、含み損が大きくなり、ある一定のラインを超えた時に自動決済され、取引が継続でき

なくなるシステムです。投資家の同意がなくても、即座に決済されてしまいます

つまり、「負け・損失を確定」されてしまう事になります

各FX業者が設定している、証拠金維持率を下回ったら発動されますので、追加で証拠金を入れる(追証)か、自分で損失を確定させる必要があります

FX業者からマージンコール(証拠金の追加入金を求める)がきた際は、判断が必要となります

では、証拠金維持率を100%で設定いる場合で考えてみましょう

◎証拠金維持率100%、10万円入金(有効証拠金)、4万円(必要証拠金)で1万通貨購入した場合

10万円-(4万円×100%)÷1万通貨=6円

値幅は、6円までは大丈夫ですが、6円を超えてくるとマージンコールがかかります

つまり、

  • 強制ロスカットは、セーフティネット。損失拡大を防いでくれる
  • マージンコールは、ロスカット警告。早めの対応を
  • 損切りも重要。再起不能になる前に、自ら損失を確定する事も大事である

以上、基本的な流れを見てきましたが、いかがでしたか?

次回からは、いよいよ売買テクニック、儲けの仕組み、リスク回避について学んでいきたいと思います。

初めは、難しいと感じる所もありますが、是非、一緒に学んでいきましょう。

貴方のワンクリックが幸せを与えます。



関連記事

    None Found

カテゴリーFX

“初心者必見。知識ゼロのFX やり方。FXの基本の流れから を勉強します” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です