速報!北朝鮮、核実験実施。有事の円買い!!

北朝鮮が核実験を行いました!!!

ついにやってしまいましたね。

ここ最近アメリカのトランプさんが、自国のハリケーンで忙しいのか構ってもらえてないので、駄々をこねるように、ミサイル発射・核実験と立て続けにやってきています。

ミサイル発射は、容認してた国々も核実験となると動くのではないでしょうか?

その前には、水素爆弾をICBMに乗せれると意気込んでいた、金さん。

やってしまいましたね。トランプさんは、どう出るのでしょうか?

日本政府は?

 

日本政府の動きにも注目ですね。北朝鮮が、ミサイル発射した際は、自国を守るために、イージス艦やパトリオットを配備しましたが、核には対応できません。

 

この際、憲法改正し軍事力の強化に励んでは如何でしょうか?

 

北朝鮮が、活発に動けば動くほど、平和ボケした日本人が目を覚まし、自国は自分たちで守る意識になってくるのではないかと期待しています。

 

憲法を変えずにどうやって、自国を守るのでしょうか?北朝鮮・中国・韓国と話が通じますか?

 

そんな人種であれば、問題なんて起きてないですよね?

 

世間の風潮・マスコミによる洗脳は、恐ろしいですね。

私も戦争は、反対です。戦争をしない為に軍事力が必要です。軍事力がないと、対話になりません。

 

孫子曰く、

「敵がいつ攻めてきても良いように準備しておきなさい。敵が攻めようと思わないほどの軍事力を持ちなさい。それが、戦わずして勝つ方法です」

 

中国も軍事力・装備を見せつけてますね。あれを見せられると、どこの国も中々手を出さないでしょう。

韓国の武術の演武は意味ないですが。。。

 

 

安部さんが、ポチ外交と呼ばれても、仕方ないですよね。日本に武器はないのですから

 

◎有事の円買い

 

さて、愚痴はここまでにして、「有事の円買い」について、考えたいと思います。

よく、有事の円買いと言われますが、どういう事でしょうか?

私なりに考えてみました。

結論として、「安全資産である円を買う」という事ですが、何故、円が安全なのでしょうか?

これまで、円が買われた時はありました。

①リーマンショック
②欧州債務危機
③東日本大震災

などなど。

①②については、日本の金融政策の失敗ではないでしょうか?

各国が、一斉に金融政策を行い資金量を増やしましたが、日本はこれといって、何もせず、結果、円が買われた。日銀の金融政策の失敗ですね。

 

ちなみに、日本は長年のデフレで、経済の停滞に苦しんでいます。

デフレが続いている国の通貨は、通貨の購買力が上がる為、買われる傾向にあります。

 

金融政策の点で言うと、現在の低金利政策も関係してますね。

低金利で借りた円で高金利通貨を買って、金利差と為替利益を狙う手法もあり、有事があると手じまいと

して、高金利通貨を売り、円を買い戻す事も円高になる要因ですね。

 

③については、大規模な震災が起こった国は、大規模な復興予算が組まれ、実質金利が高くなる傾向があります。また、大規模な公共事業も行われる期待もあり、円が買われます。

勿論、復興の見込みがない場合は、円売りでしょうね。

日本の場合、復興できるという方が多かったので、円買いに動いたのでしょう。

 

 

◎今回の北朝鮮の動きは?

 

北朝鮮とアメリカの衝突が、問題になります。どこまで、発展するのか?

北朝鮮でなければ、「円買い」に動くと思いますが、北朝鮮です。日本から近すぎです。

北朝鮮とアメリカが戦争になれば、円高ですが、アメリカの同盟国である日本は、確実に北朝鮮のターゲットになります。この北朝鮮が、1発でも日本に向けてミサイルを撃ち込むなら、一気に円安に向かうのではないかと思います。

日本は、自分の意思とは関係なしに、アメリカ対北朝鮮に巻き込まれます。

安倍さんは、必死で回避したいところでしょう。

アベノミクスで何年もかけて経済対策を行ってきましたが、一瞬で崩れ去ります。

株安、債券利回り安。。。。。日本経済崩壊になります。

腕の見せ所ですね。

◎相場への影響

こういった、ファンダメンタルな状況ですが、相場は、どう反応するのでしょうか?

ちなみに、北朝鮮が、ミサイルを発射し、日本上空を通過した際は、大きな反応はなかったですね。

1ドル109円台で推移していました。

そのは、トランプさんも安倍さんも大きな反応をすることもなく、市場の反応も限定的でした。

今回もそんな感じがしますね。。。

 

 

ただし、トランプさんが出てきたら、大荒れしそうな予感です。。。。

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です