運命の日。果たしてどうなるか?4つのイベントのポイントは何?

本日の日移動平均。19577円と前日比-32円と動き無し。つまらん動きでした❗

やっぱり、イベント前は、こんなもんでしょうか?

今年に入り、日経平均は、18700~19600円の間で行ったり来たりをひたすら繰り返しています❗

 

その間、様々な、イベントがありましたが、レンジ相場のままです。

唯一の救いは、安値が、少しずつ切り上がってきており、三角持ち合いが、煮詰まって来ている様にも見えます。

 

ここに来て、16日のイベントラッシュ。

19600円を一気にぶち抜き、20000円までかけ上がってほしいですね❗

 

 

因みに、含み損を抱えたまま、ずっと来ています。。

 

レンジになるんだったら、底値の時に買ったのにと思いながら、苦しい日々が続いています。

こうやって、苦しい日々があるから、戻ってきたときに、「ヤレヤレ売り」をしてしまうのでしょうね❗この苦しみがあるなら、もうけ無しでもいい❗見たいな。

 

もっと勉強せんといかんですね❗

 

◯さてさて。

本日の夜~明日にかけて、イベントが目白押しです❗

①アメリカは、FOMC

②オランダは、総選挙

③日本は、日銀の金融政策決定会合

④アメリカ大統領予算教書

どこがポイントなのか見ていきましょう❗

 

①アメリカのFOMC

やっぱり、イエレン議長の声明でしょう。

これまでで、利上げは、ほぼ確定しており、為替には、織り込まれています。

そこで、年内に何回利上げするかに注目を集めています。

イエレン議長のコメントに、4回以上になる旨の話があるなら、激アツでしょう。

 

②オランダ総選挙

これは、極右派の自由党が鍵ですね。トランプのお陰で、結構な勢いになってきています。この自由党が、何処まで議席を伸ばせるかでユーロ危機再来となります。

単独過半数は、厳しいですが、議席を伸ばすことで、連立を組む数を減らすことができます。

また、フランスの選挙にも多大な影響を与える、極右の国民戦線党のルペンに有利になります。

すると、フランスもEU離脱というリスクが発生。

オランダ総選挙は、今後のEUに大きな影響を与えます。

 

③日銀の金融政策決定会合

今回の日銀は、FOMCやオランダ総選挙の結果を見て、会合するため、その流れに沿って政策を決めれる分、安心できそすです。

政策の現状維持を発表した後、海外の政策に振り回されることもないでしょう。

しっかりとした対策を希望しましょう❗

④トランプ大統領予算教書

さぁ、何が出るのでしょうか?

最近、影が薄くなってきましたが、そろそろ、景気対策を発表してほしいですね。

特に、日本にプラスになるものを。

2国間協議や関税問題などは、ほっといて、法人税減税、公共事業などプラス発言をお願いしたいですね❗

 

これらのイベント通過後には、日経平均が、20000円を越えていると信じて、待つしかない❗

3月末は、権利日など下がる要素もありますが、4月は、比較的上がりやすい月でもあります。

とにかく、上がればよし❗

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です