決算発表シーズン、日銀の動き、日本経済

1月下旬から3月決算企業の第3クォーターの決算発表が、始まります❗輸出企業の円安による上方修正や自社株買いによるサプライズを期待したいですね。

まぁ、サプライズを期待する時点で、能力がないことを認めていますが(-_-)

良くネットとかで予想をたてている方たちとあまり変わらないですね。様々な肩書きの方たちなので、すごく当たるのかなと思っていたら、意外と外れていました。勝率は、5~6割り程度。株は、基本は、上がるか下がるかなので、確率的には、5割りですが。予想通り行くことの方が、少ないのではないでしょうか?
様々な要因が絡むので、それを当てろと言う方が、無理ってことだと思います❗

ちょっと残念なきがしますが、それでも、何年も投資の世界で生きているってことは、何かしらの利益を取れる術を持っているのでしょう❗

例えば、勝つときは3%、負けは、1%で、勝率5割り。これなら、10回中5回勝ち、5回負けても利益は残ります。何かしらの、必勝方法を持っているのでしょう❗

どんなに研究しても、株の上下を当て続ける事は不可能に近いので、予想が外れた時は、潔くロスカットしましょう❗

辛いですが

そもそも、買った時のシナリオからはずれた時点で、期待や希望に変わってしまっています。期待や希望頼みだからストレスが溜まり、気になって、仕事に集中出来なくなります。

ルールを守ることが大事です。ここは、強く心を持つところです❗株式市場から退場するか、残れるかの瀬戸際になります。

 

明日より、いよいよトランプラリーが、うごきはじめます。色んな憶測を読んでいます。大統領に成れば、ツイッターだろうが、なんたろうが、発言や言動は、大統領の正式な物として記録されます。

なので、今までみたいに好き放題は言えなくなっている。その分、発言内容の重みも変わってくるでしょう。具体的な政策内容が無いですが、今後に期待です❗

日銀は、しばらく様子見するのではないかと思います。黒田総裁は、円安に振れると踏んでいますので、このまま、円安になったら、ラッキーでしょう。円安株高。散々色んな手を使ってきて、持ち玉も少なくなっていましたので追い風でしょう❗

 

今後の株価の動きはどうなるでしょうか?トランプの公共事業や減税、貿易摩擦改善が進めば、アメリカのダウも上がり、日本も吊られて上がるでしょう。アメリカの先行きや景気が良いことで、ドル高になり、円安進行し、日本株回復!
良いシナリオではないでしょうか。

 

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です