トレード・株式の種類

Ⅰ、トレードの種類

トレードするに当たり、まずは、自分のトレードを確立する必要があります。時間的なもの精神的なもの、利益的なものなど自分がどうしたいかで、トレードの内容が変わってきます。

1、時間的なもの

保有期間によって変わってきます

・デイトレード:買ったその日に売ってしまう。持っている期間が短い為、大きく値下がりするリスクは低いですが、利幅も少ない。1日の取引回数を増やすことで資金を回転させ、利益額を増やしていく。市場が開いている間、常に取引が出来る方向け。

・スイングトレード:数日~数週間程度。保有期間が長い為、利益額はデイトレードよりも狙える。週末など時間がある時に銘柄を選んでおき、週明けに買うなど、日中ザラ場を見れない方向け。

・長期投資:数か月~1年以上。その企業を応援、投資する意味合いでも、長く保有する。将来、大化けする可能性がある成長企業の株を買い、保有し続ける。ウォーレンバフェトなど有名な投資家などは、長期投資。企業分析・研究などあらゆる知識・情報が必要。

 

私は、平凡なサラリーマンで、知識もなく、時間も無いので、スイングトレードをメインでやっています。帰宅後や休日を利用して、銘柄を選び、火曜日ぐらいから取引を行います。月曜日は、基本的に市場の様子を見ます。月曜日に流れが変わっている事は多いので。勿論、乗り遅れた事も可能性ありますが、日中ザラ場を見れないので、大火傷するよりましだと思っています。なので、金曜日には、出来るだけ決済して、翌週に持ち越したくないのが本音ですが、上手くいきません。

欲を出し過ぎも良くないですね。

 

2、順張りと逆張り

エントリーする際のタイミングとして、順張りと逆張りがあります

①順張り:株価が上がってきた所で、買う

②逆張り:株価が下がってきた所で、買う

それぞれの、エントリーポイントを確認します

①順張りのポイント

・株価が、5日、25日、75日などの移動平均線を越える。

移動平均線は、サポートラインや上値抵抗線になり易く、移動平均線を越えるかが、1つのポイントになります。但し、ダマシも多いので見極めが必要です。特に、移動平均線が右肩上がりで、株価が移動平均線の上に位置している場合、5日線・25日線のゴールデンクロスなど他の指標を組み合わせる事で精度が増していきます

・上値抵抗線、三角持合い上離れ。

高値にラインを引いた際、株価の上昇を抑える抵抗線が引けますが、この抵抗線を上離れした所が、ポイントです。今までの上昇が抑えられていた分、一旦抜けると、かなりの上昇が見込まれます。ただ、超えるだけでは、ダマシ(売りの圧力に押され直ぐ戻る)の可能性もある為、抵抗線を抜けたかどうかを判断する事が、大事です。

・2段上げ

一度大きく上昇した後、数日間調整し、5日移動平均線に触れるぐらいに再度、大きく上昇する

・新高値更新

ここ1年で株価が最高値を付ける事。株価は新高値なので、株を持っている方は、利益が出ている状態なので、売りが出にくい。但し、ファンダメンタルズや材料が伴っている事が条件で、伴ってなければ、一気に下落する可能性も。根拠が必要。

②逆張りのポイント

・5日、25日、75日移動平均線にタッチ

下落していた株価が、どこまで下がるかを見る時に意識されるのが、移動平均線。ここで下げ止まり反発するれば、押し目となる。多くの人が意識する為、調整がかかりやすいが、そのまま下落すると、ロスカットのラインでもある。下落が止まり、調整から上昇に転換したのを見極めて、エントリーしてもよい。

・窓埋め

窓が空いた部分まで下落し、窓埋めが終ると、そこから、反発というパターン。埋めない窓はないと言われるように、一旦空いた窓は、埋められやすいが、100%ではない。

・株価下落時の下髭、大陽線

下落時の底の判断の一つにもなり、下髭が長ければ長いほど、底の可能性があります。但し、2点底になる可能性も含んでいるので、注意は必要です。ポイントは、出来高を伴っているかどうか。出来高が大きく増えれば、可能性は高まります

○私は、基本的には順張りでエントリーします。イケイケモードに乗っかりたいですし、早く含み益を出して、気持ちに余裕を持たせたいので。逆張りはある意味、ギャンブル的な要素があります。大きく勝てる事がありますが、大きく負ける事も多いです。勿論、逆張りでも勝ちやすい事もありますが、順張りが気持ち的に楽なので、順張りでトレードしています

Ⅱ、株式の種類

株式を分類するのには、2つの考え方があります。

1、企業の規模

2、株価の高低

この2種類の分類により、呼ばれ方が変わってきます

 

1、企業の規模による分類

その企業の発行済み株式数による分類。

大型株:2億株以上(三菱商事、東レ、新日鐵など)

中型株:6000万株~2億株未満(任天堂、ローム、TDKなど)

小型株:6000万株未満(ソフトバンク、ヤフーなど)

値動きは、小型株が軽く、大型株は重い。

2、株価の高低による分類

値がさ株:5000円以上

中位株:1000円前後

低位株:500円以下

ボロ株:低位株の中で特に株価が安い株 株価100円以下のような株

 

3、日経225について

東京証券取引所第1部に上場する1700銘柄から225銘柄を算出。日本経済新聞が銘柄を選定。

問題として、値がさ株の影響を受けやすく、全体の動きを反映していないとも言われているが、日本を代表する経済表。

 

 

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です