移動平均線、グランビル

○移動平均線

価格の方向性をつかむ、基本的なトレンド系投資指標。使用方法は、様々だが、多くの方が必ず見ている指標。

 

その日までに何日間かの価格を平均したもので、チャート上に戦として記載される

日足チャートでは、5日、25日、75日移動平均線

週足チャートでは、13週、26週、52週移動平均線

月足チャートでは、12カ月、24カ月、60カ月移動平均線

 

○基本的な見方

価格が移動平均線のどの位置にあるかに注意する

・価格が、移動平均線より上:上昇中、強気。株価を支えるサポート線として機能する

・価格が、移動平均線より下:下降中、弱気。株価の上昇を抑える抵抗線として機能する

○活用方法

・ゴールデンクロス:25日移動平均線を5日移動平均線が下から上抜け。但し、25日移動平均線が右肩上がり→買い

・デットクロス:25日移動平均線を5日移動平均線が上から下抜け。但し、25日移動平均線が右肩下がり→売り




○グランビルの法則

移動平均線とローソク足を使い売買のタイミングを見るグランビルの法則。売買のタイミングを見るのに非常に有効

『買い』

1、移動平均線が下降後、横ばいか上昇を始め、価格が下から上に突き抜けたタイミング

2、移動平均線が上向きの状態で株価が一旦移動平均線を下回るが直ぐに、上抜けする

3、価格が移動平均線の上にあり、移動平均線に向って下げてきたが、移動平均線を下回らず、再び、上昇を始める

4、価格が下げ続け、移動平均線が下降している際、株価が移動平均線の水準まで反発する

 

『売り』

1、移動平均線が上昇後、横ばいか下落を始め、価格が移動平均線を上から下に突き抜けた時

2、移動平均線が下降中に価格が持ち直し、一時的に移動平均線を上抜けするが、直ぐに、割り込んだ時

3、下降中の移動平均線に向って、価格が上昇してきたが、移動平均線を抜く事が出来ず、再び、下落し始める

4、移動平均線、価格ともに上昇している際、株価と移動平均線が大幅にかい離した時

○移動平均線とのかい離率

グランビルの法則の4にもある様に、移動平均線と価格がかい離し過ぎると戻ろうとする働きが出てきます。過去の乖離率を参考にする事で、ある程度の予測がたてる事で、ある程度の予測が立てれるようになります

日経平均では、15%と言われていますが、個別銘柄には当てはまらない場合もあります。一般的には、20~30%で天井や底になっている事が多いようです。保有銘柄の過去の乖離率を調べ、検討を付けておくことが大事になります

 

 




 

 

 

 

関連記事

    None Found

“移動平均線、グランビル” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です